秋のザリガニなる憂い

0

    赤味噌代より、ザリガニの目撃情報。

    秋のザリガニも句材としては、哀愁があっていいか。ふふ。

     

    ■俳号

    赤味噌代

     

    ■お便り

    組長&いつき組の皆さま、いつも力をいただきありがとうございます。
    俳句を始めてから歳時記を読む楽しさも知りましたが、その中で最近気になっていた季語が「落し水」です。解説を読みながら、そうえいば稲刈りの時には水は無いなぁ…なんて、今更気付くような事もあり。
     

    そして、近所の田にもその時が来ました。「水を抜かれたら、生き物はこのまま田の栄養になる定めか…」なんて思いつつ散歩していると、水の残る給水口に何匹もザリガニが!

    なんとか此処まで辿り着き、残りの命を繋いでいるようです。
    赤味噌代


    コメント
    組長、おはようございます!
    祝「夏井いつき俳句YouTube」チャンネル登録者数
    50,000達成本当におめでとうございます。

    赤味噌代さん
    写真を拝見し懐かしい風景です。子供の頃はよく田んぼへ行き棒に糸を垂らしザリガニを摂りました。
    組長の言うように哀愁を感じますね!この後のザリガニの消息が気になります。
    話しが変わりますが、台風14号が接近しています。
    秋雨前線もあり、雨風強烈なのでくれぐれも気をつけて
    くださいね!お便りありがとうございます。
    • お漬物
    • 2020/10/09 5:53 AM
    あかだ、赤だ。
    ザリガニさんおはつにお目にかかります。りんりん。と申します。

    おはようございます。
    畑の栄養になるのでしょうか。
    偶然?昨日、手長えびのパスタを頂いてきました。
    パスタにアサリとエビのエキスが染み込んでとんでもなく旨かったです。
    スペインに行ってパエリアを習いたい。
    先輩に笑われました。

    追伸
    降り続く雨で鉄橋の足元はかなり浸かっております。
    台風に備えましょう。

    河口堰は色なき風を解き放ち




    • りんりん。
    • 2020/10/09 7:37 AM
    赤味噌代さん
    私も歳時記で身の周りのことを突如知ることがあります。「意識していなかったなぁ」なんて反省しつつも、そんな出会いが楽しいです♪

    哀愁の秋のザリガニよ。
    がんばって越冬してね(^^)
    うちの近所のザリガニ衆は水路へ避難し、泥に潜って越冬しています。
    • 村上 無有
    • 2020/10/09 3:06 PM
    組長、報告取り上げていただきありがとうございます!

    お漬物さん、りんりん。さん、こんにちは!
    お漬物さん、私もザリガニのその後が気になり、数日後にまた田圃に行ってみたのですが、給水口はもぬけの殻でした。
    稲刈り後の田圃にはたくさんのカラスが来ていたので、先にカラスの栄養になってしまったようです。

    台風は少しそれるようですが、油断は禁物ですね。
    ベランダの植木や洗濯竿を片付けました。
    皆さんも十分お気をつけください。
    • 赤味噌代
    • 2020/10/09 4:07 PM
    先生お疲れ様です!

    ザリガニというと。
    少し前に。クレヨンしんちゃんで。
    ザリガニの話がありました。

    本物を見たのは。
    小学生の時でしたが。

    ブログを読みながら懐かしくなりましたよ。

    ☆恋の悪戯神無月の言い訳(かりん)☆
    • 蒼馬かりん
    • 2020/10/09 10:55 PM
    村上無有さん、こんばんは!

    そうか、ザリガニは越冬するんですよね!
    あ〜小学生ほどの知識も無い…。
    こちらの哀愁ザリガニは給水口でひと息ついていたのかもしれませんね。
    • 赤味噌代
    • 2020/10/09 11:15 PM
    組長 おはようございます!

    蒼馬かりんさん、ザリガニ懐かしんでもらえて良かったです(^-^)

    神無月の句、好きです!
    かりんさんのような発想が出来るようになりたいです。
    • 赤味噌代
    • 2020/10/10 10:10 AM
    赤味噌代さん、おはようざいます!

    まっかっかなザリガニさんたち、そのごどうしてるでしょうか?

    「落し水」という季語、知りませんでした。早速メモしてググりました。日本の四季、特に今頃の日本の季節を感じさせる良い季語ですね〜。田んぼなき子の辺りなので、日本の風景に思いを飛ばして、しみじみとこの季語を味わっています。

    どうもありがとう、赤味噌代さん!
    • 蒼求
    • 2020/10/11 5:38 AM
    蒼求さん、コメントありがとうございます!

    ザリガニのその後ですが、農道にザリガニのハサミや殻が散らばっていたので、カラスに食べられてしまったものもいるようです。

    私も季語のおかげでさらに四季を楽しめるようになりました(^-^)
    • 赤味噌代
    • 2020/10/11 7:45 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    いつき組特派員報告宛先

    こちらからどうぞ。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM