広島の秋のアサギマダラ

0

    広島もおだやかな秋の日となっているのではないでしょうか。

    中四国をすっぽりと高気圧が覆って・・・と、気象予報士のお兄さんが話しております。

    以下、初めての特派員レポート久留里61より。

    ん? 六十一歳なのか?

     


    夏井いつき組長、スタッフの皆さん、お世話になります!

    初めてお便りします。
    広島の久留里61です。
    今年もアサギマダラがわが町のフジバカマへ訪ねてきてくれました。


    アサギマダラは「旅をする蝶」として有名ですよね。
    東北地方から来た印をつけてる年もあるそうです。
    スマホで生き物を撮るのは、夫を除いて初めてです。
    あ、夫は生き物ではなかったか!

    久留里61


    コメント
    アサギマダラさん
    お初にお目にかかります。
    その美貌のひとかけらを私に下さい。
    おはようございます。

    でも今の美貌でなんとかやっていこうと思います。
    ハッタリをかましながら生き延びております。

    写真とは関係なくてすみません。
    昨日、
    ノーナレは祇園、八坂神社も。
    しみじみとしました。白馬が美しくて
    延べ段の水溜まりの提灯も良い。

    ノーナレの「祇園の神さん」秋の夜



    • りんりん。
    • 2020/10/13 8:13 AM
    夫も妻も立派な生き物ですよ〜!
    (動物愛護週間は過ぎてしまったが)どちらも可愛いがってあげましょー。
    ミトコンドリアも大切に〜!

    旅の蝶恋す宿かな藤袴
    • 美食
    • 2020/10/13 1:27 PM
    久留里61さん、初めまして!

    素敵な写真ですね〜!アサギマダラもフジバカマもキレイ〜。本当にこの小さな体にどれだけの筋力があるでしょうか。ググってみたら、直線距離で1,500 km以上移動した記録や、1日に200 km以上の速さで移動した記録もあるとか。生き物の美しさと力強さに圧倒されます。夫様も立派な生き物です!蝶も人間も私たち皆生き物!生き物大好き♪

    佳い一週間をお過ごしください。(^-^)
    • 蒼求
    • 2020/10/13 1:42 PM
    ちょっと前の俳句ポストの兼題「藤袴」!
    昨年も藤袴とアサギマダラのお写真をこちらの広場で拝見致しました♪
    アサギマダラよ。
    今年も海を渡り、やって来たのですね(^^)
    凪の日も、嵐の日も潮風に立ち向かいながらここにいる・・・と思うと心から愛おしくなります♪
    • 村上 無有
    • 2020/10/13 7:41 PM
    美食さん、

    生き物愛とミトコンドリア愛、共感!うれしいです!

    句も素敵〜!!!
    • 蒼求
    • 2020/10/13 9:36 PM
    先生お疲れ様です!

    記事を読みながら。
    王国の蝶が頭に浮かびました。

    今は看護助手と介護職員初任者研修の2種類の資格の勉強中ですが
    目的が変わっても。
    年内に頑張って取得をと思います。

    貫く純愛秋の蝶二枚(かりん)



    • 蒼馬かりん
    • 2020/10/14 12:29 AM
    皆さん、あたたかいコメントありがとうございます。
    今度は、群れ飛ぶアサギマダラにチャレンジしてみたいと思います。
    • 久留里61
    • 2020/10/14 12:55 PM
    蒼求さん、コメントありがとうございます。
    私の拙句より、俳句ポスト365にもっと素敵な句が沢山ありますよ〜、是非ご覧あれ!

    でもって、組長が以前YouTubeで紹介して下さった藤田湘子の『20週 俳句入門』!!!
    素晴らしい本です!目から鱗が落ちまくり、襟を正し背筋を伸ばして、俳句に向かう心を教わりました!
    組長、ありがとうございまーす!
    と言う訳で、上記の書籍を蒼求さんにもお薦めしま−す!(南米の熱帯雨林で買うと楽だよ)
    近々蒼求さんの俳句も拝見しとうございま〜す(^-^)/
    • 美食
    • 2020/10/14 1:45 PM
    美食さん、沢山の有益情報ありがとうございます!( ..)φメモメモ
    俳句ポスト365、閲覧しまくります!
    やっぱり、藤田湘子著『20週 俳句入門』良いんですね!私も組長のYouTubeで見てから、欲しい〜っ!と、南米の熱帯雨林を彷徨ったのですが、近場の南米熱帯雨林では手に入らず、日本の南米熱帯雨林(ややこしくなってきた、、、)で入手せんとならんようですー。でも、是非、手に入れた〜い!
    最近、場数を踏む修行を積むべく、応募できるところには俳句送りつけております。よし、これを送ってみよう!と思って送るわけですが、とんでもなく恥ずかしい代物を組長や他の選者様たちの目に触れさせるのかもしれない、、、と、内心、戦々恐々です。選者さまのおめがねの端っこにでもひっかかったものがあれば、大手を振って(調子こいて)ご報告いたします!
    最近気づいたんですが、左脳人間の私(昔は右脳人間)は、物事がどうなっているのか、どうしてそうなったのか、とひも解くのが好きなようで、俳句もその線に走る傾向があるようです。例えば、紅葉の句を詠むとして、なぜ葉が紅葉するのかを詠みたくなる。。。その風景を眺めて描写する、という技術が乏しいことに気づいたのです!オーマイガー。。。でも、気づくのも前進。ですよね?
    • 蒼求
    • 2020/10/18 7:12 AM
    美食さん、度々申し訳ありません!しかも数日たってるから見てもらえるかな?
    でも!伝えたい!見っけました!藤田湘子著『20週 俳句入門』ゲット法!アメリカの紀伊国屋書店から取り寄せられます!ちょっと割高。でも、そんなの関係ない!(≧▽≦)
    • 蒼求
    • 2020/10/18 8:15 AM
    蒼求さん、本が見つかって良かったですね。
    私は、今日某俳句雑誌が来てな−んにもなかった事に、あーあといったところでした。
    でも、まあ上手い事まとまったり降ってきたり掘り出したり、自分でも納得出来るのは年に数回なので、こんなものなのかも…。
    蒼求さんは、お仕事柄きっと面白い句がお詠みになれると思いまーす!
    • 美食
    • 2020/10/19 10:05 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    投句先はこちら

    「夏井いつきのおもな連載」についてこちらで確認できます。

    いつき組特派員報告宛先

    こちらからどうぞ。

    俳句季刊誌『伊月庵通信』

    商品2019年秋号 夏井いつき監修の俳句季刊誌『伊月庵通信』を定期購読する

    当ブログの文章や画像等の内容の、無断での転載・二次使用を禁止します。

    −−−−−−−−−−−−−−−

    伊月庵利用申込フォーム

    伊月庵は時間貸しの句会場です。勉強会や会議にもご利用いただけます。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM